メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展「恐竜の脳力」

頭骨から「脳力」知ろう 勝山・恐竜博物館 /福井

福井県立恐竜博物館の河部壮一郎研究員の解説を聞く勝山市立三室小の児童ら=福井県勝山市の同館で、高野聡撮影

 県立恐竜博物館(勝山市)の特別展「恐竜の脳力」が12日開会した。開会式には杉本達治知事らのほか、勝山市立三室小の児童が出席。児童らが恐竜の脳をテーマにしたパフォーマンスを披露した。

 特別展のテーマは、恐竜の頭骨化石の形状を手がかりに導き出された脳の特徴。本来、脳自体は死ぬと溶けてしまい化石が残らないが、頭骨内の空間(脳函(のうかん))を基に、脳の形…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです