メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河ドラマ

「麒麟がくる」放映開始まで半年 武将ゆかり、土産品開発 岐阜市の組合、22品目準備 /岐阜

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にあやかった商品を開発する市土産品協会の藤吉一郎理事長(右)とイラストを担当した由愛乃ナカさん=岐阜市役所で

イラスト入り統一パッケージ

 岐阜市が観光振興の起爆剤として期待するNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放映開始まであと半年。市内の土産品の製造販売業者でつくる組合や和菓子店などが、主人公の明智光秀ら戦国武将にゆかりの土産品発売を計画している。【高橋龍介】

 菓子製造販売、食品加工、工芸品店など28社でつくる「協同組合岐阜市土産品協会」=藤吉一郎理事長(56)、同市村山=は、武将のイラスト入りパッケージで統一した土産品を販売する予定だ。

 土産品として和洋菓子、ういろう、アユ加工食品、しょうゆ、衣料品など22品目を準備する。菓子店「伸光…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文971文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです