はしもとみお木彫り展

永遠に生きる動物たち 朝来 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「永遠の命を与えられた生き物たちを見て」と話す、はしもとみおさん=兵庫県朝来市多々良木のあさご芸術の森美術館で、松田学撮影
「永遠の命を与えられた生き物たちを見て」と話す、はしもとみおさん=兵庫県朝来市多々良木のあさご芸術の森美術館で、松田学撮影

 あさご芸術の森美術館(朝来市多々良木)の開館20周年を記念した「はしもとみお木彫り展~森で見つけたどうぶつたち」(毎日新聞豊岡支局など後援)が、13日から同美術館で始まった。豊岡市出身の木彫作家、はしもとみおさんがクスノキで彫り上げた生き物約450点を集めた。9月1日まで。

 クマ、ヒツジ、サル、イヌ、ネコ、ラクダ…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集