ハマボウ

夏告げる 御坊市天然記念物、群生地で見ごろ /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青空とのコントラストが美しいハマボウの花=和歌山県御坊市塩屋町北塩屋で、山本芳博撮影
青空とのコントラストが美しいハマボウの花=和歌山県御坊市塩屋町北塩屋で、山本芳博撮影

 御坊市の天然記念物で市の花木にも指定されているハマボウが、同市塩屋町北塩屋の群生地で見ごろを迎えている。青空とのコントラストが美しい無数の黄色い花が、夏の到来を告げている。開花のピークは8月上旬という。

 市によると、ハマボウは海水と淡水が混じる河口干潟の湿地に生える。「一日花」で、朝に黄色い花を咲かせて夕方にしぼんで…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

ニュース特集