メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマボウ

夏告げる 御坊市天然記念物、群生地で見ごろ /和歌山

青空とのコントラストが美しいハマボウの花=和歌山県御坊市塩屋町北塩屋で、山本芳博撮影

 御坊市の天然記念物で市の花木にも指定されているハマボウが、同市塩屋町北塩屋の群生地で見ごろを迎えている。青空とのコントラストが美しい無数の黄色い花が、夏の到来を告げている。開花のピークは8月上旬という。

 市によると、ハマボウは海水と淡水が混じる河口干潟の湿地に生える。「一日花」で、朝に黄色い花を咲かせて夕方にしぼんで…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです