メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
なるほドリ

「津波救命艇」ってどんなもの? /和歌山

25人乗りの津波救命艇=和歌山県白浜町富田で、藤田宰司撮影

浮いて漂流、生き延びる 25人1週間分の食料などを搭載

 なるほドリ 「津波救命艇」ってどんなものなの?

 記者 津波や水害に巻き込まれそうになった時に乗り込み、浮いて生き延びるための救命ボートの一種です。設置場所は、地震発生から短時間で津波が到達する地区や近くに高台がないエリアの地上です。津波で海まで流されてしまった場合は、船内にとどまって救助を待ちます。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1037文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  4. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです