メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ルワンダ

虐殺25年(その1) アフリカの奇跡、光と影 発展の裏に独裁

高層ビルやホテルが建ち並ぶキガリ中心部=小泉大士撮影

 約100日間で80万人が犠牲になった東アフリカ・ルワンダの大虐殺から25年。この国は今、「ルワンダのCEO(最高経営責任者)」の異名を取るカガメ大統領の下、ICT(情報通信技術)立国として急速に発展する。だが、その体制は言論統制による強権支配に支えられ、政権と対立した人物に対する暗殺疑惑も取りざたされる。「アフリカの奇跡」と呼ばれるルワンダの変貌には、光と影が交錯している。【キガリで小泉大士】

 「A型・Rh陽性の赤血球液を2袋お願いします」。首都キガリの西にある配送拠点に、通信アプリ「ワッツ…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1221文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです