メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

使用済み核燃料、あふれそう? 再処理工場稼働せず 電力会社は対策急ぐ=回答・荒木涼子

四国電力伊方原発3号機の使用済み核燃料プール=小松雄介撮影

 なるほドリ 原発で使った核燃料(かくねんりょう)が、このままだと全国であふれそうだと聞いたよ?

 記者 使用済み核燃料のことですね。核燃料は使い終わっても熱を持っているため、原発敷地(しきち)内にある専用のプールでしばらく冷やします。政府の政策では温度が下がった後、青森県六ケ所(ろっかしょ)村に建設中の再処理工場(さいしょりこうじょう)に運び、再利用のために加工する予定ですが、原子力規制委員会の審査が長引いているのです。工場がきちんと稼働しないと核燃料を運び出せず、あふれてしまうことになるのです。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです