メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第74期本因坊戦七番勝負 本因坊文裕-挑戦者・河野臨九段 第4局の1

 函館の大逆転劇から1週間後、第4局の舞台は静岡県沼津市。日差しの強い午後1時、河野臨九段ら東京組は三島駅で新幹線を降りた。迎えのマイクロバスにはすでに本因坊文裕がニコヤカな表情で座っていた。もしカド番に追い込まれていたら、厳しい雰囲気になっていただろう。

 小1時間のバスの旅で駿河湾の海岸線で下車。近年ここ沼津市西浦木負(きしょう)が十二世本因坊丈和の出生地として認定され、一昨年に記念碑が建立された。傍らには有名な“吐血の局”の棋譜が刻まれた石の碁盤が設置…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです