メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第78期名人戦A級順位戦 渡辺明王将-木村一基九段 第3局の5

辛抱合戦

 [先]6五歩[後]同歩[先]同桂[後]同桂[先]同銀に[後]6四歩と追い返す。現状は、そのためだけに打たれた自陣桂だ。しかし木村自身も「違和感」と語ったように、自陣に桂や香を埋め出すと経験上、あまりよくない。

 途中図。木村に手番が回ってきた。攻めるとすれば[後]9五歩[先]同歩[後]9六歩は一策。しかし次に[後]9五香と走っても[先]9三歩からと金作りが受からない。感想戦では[後]6五桂が指摘された。[先]6六銀と逃げてくれるなら利かし。渡辺は[先]6五同銀[後]同歩[先]同飛と進めて「一局と思っていた」…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです