メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

二つの新薬 製品化した起業家(その2止) 起業家支援が使命

「toberu(トベル)」の中に立つ久能祐子さん(右)=京都市左京区で、川平愛撮影

 

新薬で成功、次の夢 直感的に「道」見えた

 京都市に誕生した社会起業家の滞在型育成施設「toberu(トベル)」は、3階建て延べ床面積約560平方メートルに個室、ゲストルーム、図書室などを備える。現在は大手企業7社の20代後半から40代前半の社員9人が暮らしながら、新規事業の準備を進める。トベル開設を導いた米国在住の起業家、久能祐子(くのうさちこ)さん(64)は「日本のトップタレント(優秀な人材)の多くは組織に属している。組織に属したまま起業できるようになれば、日本型イノベーション(革新)が爆発的に増えると期待している」と語る。

 施設のモデルとなったのは、久能さんが2014年に創設した米国のワシントン北西部、ジョージタウンにある「ハルシオン・インキュベーター」だ。

この記事は有料記事です。

残り4785文字(全文5122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです