メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすは「海の日」

海のプラスチック、今こそ取り組む時(その1)

プラスチックごみが漂うフィリピン・マニラの海で泳ぐ子ども=国際環境NGO「グリーンピース」提供

 15日は「海の日」。

 現在、プラスチックごみによる海の「汚染」が深刻化し、海の生き物など生態系への影響も心配されている。世界的に対策は急務で、6月に日本で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でも主要なテーマの一つとなった。問題解決に向け、さまざまな取り組みが動き出している。【鈴木理之、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2380文字(全文2539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「マスクの捨て方にマナーを」 専用ごみ袋 大阪の会社経営者が開発

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです