あすは「海の日」

海のプラスチック、今こそ取り組む時(その1)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プラスチックごみが漂うフィリピン・マニラの海で泳ぐ子ども=国際環境NGO「グリーンピース」提供
プラスチックごみが漂うフィリピン・マニラの海で泳ぐ子ども=国際環境NGO「グリーンピース」提供

 15日は「海の日」。

 現在、プラスチックごみによる海の「汚染」が深刻化し、海の生き物など生態系への影響も心配されている。世界的に対策は急務で、6月に日本で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でも主要なテーマの一つとなった。問題解決に向け、さまざまな取り組みが動き出している。【鈴木理之、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2380文字(全文2539文字)

あわせて読みたい

注目の特集