メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あすは「海の日」

海のプラスチック、今こそ取り組む時(その2止)

底引き網船で引き上げられた海底堆積ごみ=香川県提供

 ◆日本でも取り組み

漁協と協力、香川県方式

 国内各地で自治体や民間企業による海洋プラごみ対策が行われている。

 瀬戸内海に面する香川県は漁協などの協力を得ながら、海底に堆積(たいせき)するプラスチックを含むごみ回収に取り組んでいる。全17市町が参加する全県的取り組みで「香川県方式」と呼ばれ、全国の自治体から注目を集めている。

 閉鎖的な海域の瀬戸内海には沿岸府県の河川などからごみが流れ込む。香川県は県内の水域だけで海岸漂着ご…

この記事は有料記事です。

残り2530文字(全文2742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです