メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

期間中の公共工事抑制 国交省・東京都

 国土交通省と東京都は、東京五輪・パラリンピック期間中、道路などの公共工事を抑制する方針だ。渋滞緩和が目的で、施工を一時休止したり、日中から夜間へ振り替えたりする。路上工事を行う電気、ガスなどの事業者にも協力を求める。大会組織委員会が今月下旬から行う交通混雑の緩和テストに合わせて試行、効果を検証する。

 国が抑制する工事は、都心から半径40~60キロの位置を環状につなぐ首都圏中央連絡自動車道の内側エリアが対象。競技会場周辺や観客らの移動ルートを中心に、工事の休止や夜間振り替え、関係車両の移動ルート変更を受注業者に求める。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです