メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もとをたどれば

カルピス 遊牧民に学んだ「酸乳」

カルピス

 日本初の乳酸菌飲料として1919年に誕生したカルピス。天の川をイメージした水玉模様のデザインと、独特の甘酸っぱさを表現した「初恋の味」のキャッチコピーで親しまれ、7日で発売100周年を迎えた。

 大阪府箕面市の寺の長男、三島海雲(1878~1974年)がカルピスの原点ともいえる「酸乳」と出会ったのは、中国で雑貨商として働いていた30歳のとき。海雲は当時仕事で訪れた内モンゴルで体調を崩し、現地の遊牧民に乳酸菌で発酵させた乳を勧められた。それを飲むうちに体調は回復。海雲は酸乳…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです