メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
子育て親子

「うんちアプリ」で病気発見

携帯アプリ「Babyうんち」の画面

 <くらしナビ ライフスタイル>

 赤ちゃんの便を携帯電話のカメラで撮影し、色合いを識別して病気の早期発見につなげる試みが進んでいる。聖路加国際大学などの研究チームは、胆道閉鎖症の可能性を調べるアプリ「Babyうんち」を開発し、一般向けに提供している。

 ●怖い胆道閉鎖症

 胆道閉鎖症は、肝臓と腸をつなぐ胆道が塞がり、肝臓で作られる胆汁が腸に流れなくなる病気だ。発見が遅れると、肝硬変を起こして死亡する。患者数は1万人に1人とされ、生後4カ月ごろまで発症する可能性がある。

 発症すると便が白っぽくなる。便を黄色くする胆汁の働きがないためで、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おう…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1111文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 野口が日本勢トップの2位 五輪代表内定 クライミング世界選手権複合

  4. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  5. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです