メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

「うんちアプリ」で病気発見

携帯アプリ「Babyうんち」の画面

 <くらしナビ ライフスタイル>

 赤ちゃんの便を携帯電話のカメラで撮影し、色合いを識別して病気の早期発見につなげる試みが進んでいる。聖路加国際大学などの研究チームは、胆道閉鎖症の可能性を調べるアプリ「Babyうんち」を開発し、一般向けに提供している。

 ●怖い胆道閉鎖症

 胆道閉鎖症は、肝臓と腸をつなぐ胆道が塞がり、肝臓で作られる胆汁が腸に流れなくなる病気だ。発見が遅れると、肝硬変を起こして死亡する。患者数は1万人に1人とされ、生後4カ月ごろまで発症する可能性がある。

 発症すると便が白っぽくなる。便を黄色くする胆汁の働きがないためで、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)も見られる。自宅での早期発見を促すため、2012年以降は全自治体の母子健康手帳に、便の色の目安を7段階に分類したカラーカードが掲載されている。このうちクリーム色やレモン色、薄緑といった、白に近い3段階の色に当てはまると要注意とされる。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです