メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『「平成の天皇」論』=伊藤智永・著

 (講談社現代新書・907円)

 平成から令和に時代が変わって2カ月がたち、早くもあの騒ぎは遠い過去になりつつある。だが、今回の変節点は私たちにとって、今後の天皇像や「象徴制」を考える格好の機会ではなかったか、そしてその機会は十分に生かし切れているのか。本書は繰り返しそう問うのである。

 2016年8月8日。生前退位の意向を示した天皇の「おことば」があった。著者は平成の玉音放送と呼び、「静かな思想爆弾…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです