メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『チョムスキーと言語脳科学』=酒井邦嘉・著

 (集英社インターナショナル新書・929円)

「文法装置」に注目し脳内を探る

 言葉ほどふしぎなものはなく、人間を知るには言葉を知らなければならないと言ってもよいように思うが、多様な言語の個別の研究はあっても共通性は見えて来ない。

 そこに、人間の脳には「言葉の秩序そのもの」があらかじめ組み込まれているとし、「普遍文法」という魅力的な考え方を出したのが、N・チョムスキーである。もっともその主張にはわかりにくいところがあり、「世界で最も誤解されている偉人」と著者は言う。筆者もその考えの理解が難しかった。「かった」と過去形にしたのは、著者による理路整然とした明快な解説(専門家から出されている批判までも含めて)で分かったように思えてきたからである。

 「人間は『言葉の秩序』を学習によって覚えるのではなく、誰もが生まれつき脳に『言葉の秩序』自体を備え…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです