メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『限界病院』 著者・久間十義さん

 ◆著者・久間十義(ひさま・じゅうぎ)さん

 (新潮社・2268円)

 北海道の都市部から離れた町、富産別(とみさんべつ)で経営危機に瀕(ひん)する市立バトラー記念病院をめぐる物語。東京の大学病院で将来を期待されながら、妻に切り出された離婚とオーバーワークが原因で起こした手術ミスのため、心身が疲弊した外科医、城戸健太朗は穏やかな暮らしを夢見て着任する。だが、彼を待ち受けていたのは地方病院が置かれた過酷な現実であった。

 『聖ジェームス病院』(2005年)から始まる著者5作目の医療小説。医療関係者向けのウェブサイトに連載された。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです