メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ボランティアとファシズム 自発性と社会貢献の近現代史』=池田浩士・著

 (人文書院・4860円)

 今どき、ボランティア抜きで大災害の被災者の支援やスポーツ大会の運営などは考えられない。他方、「大規模なボランティアはナチスの発明で、国民が主体的・自発的に国策へ動員される仕組み。本質は今も変わらない」との批判が以前からある。このいきさつを軸に、主に日独の戦前・戦中史を振り返るが、ボランティア全面否定論ではない。

 本書によると、日本のボランティアは、関東大震災時の東大生によるものが端緒だ。その活動は、被災者支援が一段落した後も貧困地域での日常支援に発展した。参加者には、ボランティアの延長線上で、政治家や社会問題の研究者となった人もいる。自らの能力を自らが主体的に選んだ場所で必要な人に対して自発的に発揮して、自らも成長する。いわば理想的な活動だった。そのボランティアが限りなく義務的なもの、他者へ抑圧的なもの…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです