メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『ボランティアとファシズム 自発性と社会貢献の近現代史』=池田浩士・著

 (人文書院・4860円)

 今どき、ボランティア抜きで大災害の被災者の支援やスポーツ大会の運営などは考えられない。他方、「大規模なボランティアはナチスの発明で、国民が主体的・自発的に国策へ動員される仕組み。本質は今も変わらない」との批判が以前からある。このいきさつを軸に、主に日独の戦前・戦中史を振り返るが、ボランティア全面否定論ではない。

 本書によると、日本のボランティアは、関東大震災時の東大生によるものが端緒だ。その活動は、被災者支援…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです