メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ハレプ初優勝

女子シングルスで初優勝し、トロフィーを掲げるシモナ・ハレプ=AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス決勝が行われ、第7シードで27歳のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第11シードで37歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6-2、6-2で破り、初優勝を飾った。

 同種目のルーマニア勢で初の決勝進出となったハレプは昨年の全仏オープン以来、2回目の4大大会制覇。優勝賞金235万ポンド(約3億2000万円)を獲得した。

 3年ぶり8回目の制覇を目指したS・ウィリアムズは昨年に続く準優勝。マーガレット・コート(オーストラリア)の歴代最多に並ぶ4大大会24回目の頂点に届かなかった。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです