メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 きょう男子単決勝 「堅守誇る」ジョコビッチ、「芝の王者」フェデラー

 テニスのウィンブルドン選手権で14日の男子シングルス決勝は、第1シードのジョコビッチと第2シードのフェデラーの対決になった。4大大会優勝はフェデラーが史上最多の20回、ジョコビッチが同3位の15回を誇る。1968年のオープン化以降、ツアーでの対戦は史上2位の48回目で、これまではジョコビッチが25勝22敗とリードしている。今回も防御力で上回るジョコビッチがやや優位に立つ。

 32歳のジョコビッチは鉄壁のディフェンス力が最大の持ち味。リターンゲームのゲーム奪取率が約4割に上…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです