メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 横浜マ3-1浦和 判定「二転」

 (第19節・13日)

 横浜マの2点目を巡り、判定が変わり、試合が中断する事態が発生。失点する結果となった浦和の大槻監督は「レフェリーに聞いてください。ピッチ上のことは、テレビの前で判断することはできない」と渋い顔だ。1-0と横浜マがリードして迎えた後半14分。横浜マの遠藤が右足で中央にボールを送り、ゴール前でオフサイドの位置にいたように見えた仲川に当たってゴールに吸い込まれ、追加点となった。

 ところが、この判定に浦和が抗議。審判団は協議の末、オフサイドと判定したが、その後、再びゴールを認め…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです