メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉本興業

闇営業問題 反社会的勢力と断絶 全芸人6000人と確認書

反社会勢力や闇営業問題について語る吉本興業の大崎洋会長=東京都新宿区で2019年7月12日、藤井太郎撮影

 所属の人気芸人が反社会的勢力(反社)のパーティーに会社を通さず出席して謝礼を受け取っていた問題で、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が毎日新聞の取材に応じた。大崎会長は、「残念無念。反省してもう一度顔を上げるしかないと思っている」として、反社との関係断絶などを求める「共同確認書」を7月中に全芸人(約6000人)と交わすことを明らかにした。一方で、ほとんどの芸人との契約が口頭である点については、変える必要がないと強調した。【油井雅和】

 大崎会長は、「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(49)らの今回の行動について、「よりによって、お年寄…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 高速道路で可搬式オービス運用 四国初 愛媛県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです