メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 五輪1号、寺内・坂井組 男子シンクロ板飛び込み

 水泳の世界選手権第2日は13日、韓国・光州で行われ、飛び込みの男子シンクロ板飛び込み決勝で寺内健(38)、坂井丞(しょう)(26)組(ミキハウス)が7位に入った。シンクロ種目で8位以内とする日本水泳連盟が定める2020年東京五輪の代表基準を満たし、全競技を通じた五輪内定第1号になった。

 出場すればともに2大会連続で寺内は6回目、坂井は2回目。夏季五輪の日本勢最多出場は馬術の杉谷泰造(43)=杉谷乗馬ク=の6回で、1996年アトランタ五輪から16年リオデジャネイロ五輪まで連続出場している。

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです