メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

さらば愛しきアウトロー 生き生きと悪事に励むレッドフォードの軽み

 いつもおなじみの銀行強盗映画。どうしてお薦めするかといえば、主演がロバート・レッドフォードだからです。

 芸歴の長い人でして、「ヒッチコック劇場」や「ミステリーゾーン」などのテレビ番組に出演した後に「逃亡地帯」と「裸足で散歩」でジェーン・フォンダと共演、1969年の「明日に向って撃て!」で一躍トップスターになりました。監督も手がけ、「普通の人々」ではアカデミー監督賞を受賞、サンダンス映画祭を主催してコーエン兄弟をはじめとする若い才能に活躍する機会を提供しました。

 そのレッドフォードももう82歳。この「さらば愛しきアウトロー」を最後に映画出演から引退すると発表しています。

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです