特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

「愛媛では無理だよ」 選択的夫婦別姓 今治市議会「不採択」の先には

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今治市議会本会議で女性市議の反対討論を聞く市議ら=今治市別宮町1で2019年6月28日午前11時15分、花澤葵撮影
今治市議会本会議で女性市議の反対討論を聞く市議ら=今治市別宮町1で2019年6月28日午前11時15分、花澤葵撮影

 「夫婦や親子が同じ名字でなければ、家族として認められないのでしょうか」

 6月28日、愛媛県今治市議会の議場で女性市議が問いかけた。夫婦が同姓か別姓かを選べる選択的夫婦別姓制度について、国会で審議するよう意見書を出すことを求めた陳情に関して議論した市議会本会議。全女性市議の2人が採択を主張して討論に立ったものの、不採択となった。

 陳情は、夫婦別姓を選べる法制度がないのは憲法違反として国を訴えた訴訟などで知られる同市出身でソフトウエア開発会社社長の青野慶久さん(48)=東京都=が5月に提出したもの。同様に地方議会への陳情や請願を通じて制度を実現しようとする動きは全国に広がっている。今年だけでも東京都議会や三重県議会のほか、10以上の市区町村議会で採択や意見書の可決が相次ぐ中で、今治市議会の「不採択」にはツイッターで「愛媛で…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文803文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る