メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見た目も味もびっくり 島根のアンコウバーガーは「生臭さ取るのに苦労した」

浜田漁港(島根県浜田市)のアンコウを使った「アンコウバーガー」=竹内之浩撮影

 全国第2位の水揚げ量を誇る浜田漁港(島根県浜田市)のアンコウを使った「アンコウバーガー」を同市下府町の国民宿舎千畳苑が開発した。14日からの販売を前に11日、調理スタッフらが報告のため市役所を訪れ、久保田章市市長が新しいご当地バーガーを試食した。

 同港のアンコウ水揚げ量は昨年の193トンなど6年連続で山口県の下関漁港に次ぐ2位。千畳苑は、浜田のアンコウの知名度向上と消費拡大を狙い、市など官民でつくる市水産業振興協会が認証する「アンコウ料理普及協力店」の一つで、冬の…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  4. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです