メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発事故8年超「もう限界」…夜の森中央医院解体 福島・富岡

 東日本大震災と福島第1原発事故後に帰還困難区域となった福島県富岡町の夜の森中央医院で、解体作業が進められている。

 「時間がたちすぎて、もう限界だね」。原発事故から8年超。約28年前に病院を引き継いだ医師、堀川章仁さん(70)は隣接する自宅と共に解体を決めた。小動物などに荒らされ、カビが生え、雨水が…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです