メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

望月ウィンブルドンジュニア初優勝 錦織ら輩出の名門アカデミーに留学

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで日本勢初優勝を果たし、カップを手に喜ぶ望月慎太郎=2019年7月14日、AP

[PR]

 テニスのウィンブルドン・ジュニア選手権は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第8シードで16歳の望月慎太郎(Team YUKA)が18歳のカルロス・ヒメノバレロ(スペイン)を6―3、6―2で降し、4大大会ジュニアの同種目で日本勢初優勝を果たした。

 4大大会ジュニアのシングルスでの日本勢の優勝は、1969年の全仏オープンとウィンブルドン選手権の女子シングルスを制した沢松和子以来2人目。

 望月は日本テニス協会の盛田正明・名誉会長が私財を投じたジュニア育成の「盛田ファンド」の奨学生として、錦織圭(日清食品)らを輩出してきた米フロリダ州のIMGアカデミーに中学1年からテニス留学している。【ウィンブルドン新井隆一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです