メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「快挙実感ない」チョコ好き16歳 ウィンブルドンジュニア制した望月

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで日本勢初優勝を果たし、カップを手に喜ぶ望月慎太郎=2019年7月14日、AP

 日本男子テニス界のホープが、次代を担うジュニアの4大大会の頂点に立った。「快挙と言われても実感はない。大会で優勝できたのが成長」と望月。日焼けした顔に笑みを浮かべ、両手を広げて喜びを表した。

 2歳上のヒメノバレロを相手に、果敢に挑んだ。第1セットはブレーク合戦となったが、3―3から3ゲーム連続で奪い、このセットを取った。第2セットは先にブレークすると、そのまま突き放して勝負を決めた。「我慢しながら(…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文505文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです