メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

停止状態でのアイドリングはムダ! 真夏でも必要なクルマの「暖機運転」最新事情

情報提供:カートップ

停止状態でのアイドリングはムダ! 真夏でも必要なクルマの「暖機運転」最新事情

停車した状態での暖機はまったく意味をなさない

 夏だというのに暖機運転のハナシをしよう。なんだか季節はずれで申し訳ないが、真冬に暖機運転が必要だとすれば、厳密にいえば夏場でも必要なはず。

 外気温が30度だったとしても、半日以上止まったままのクルマなら、水温も油温も外気温よりは高くはないはずだ。つまり適正温度には達していないということ。

 だとすれば、真夏でも水温が上がるまでアイドリングで待って、それから走り出したほうがいいのか?

暖機運転

 結論からいうと、停止したままアイドリング状態で待機し、エンジンが(水温が)温まってくるのを待つような暖機運転は、夏だろと冬だろうと非合理的で、無用の長物といっていいだろう。

 というのも、クルマの部品で、適切な作動温度になった方が望ましいのはエンジンだけではないからだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです