メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

後半情勢 毎日新聞総合調査 芳賀氏が優勢、大沼氏が追う展開 /山形

 21日投開票の参院選で、毎日新聞は13、14日に全国で電話による特別情勢調査を実施し、取材結果を加味して後半情勢を分析した。山形選挙区(改選数1)は、無所属新人で元山形放送アナウンサーの芳賀道也氏(61)=立憲、国民、共産、社民推薦=が優勢で、自民現職で元厚生労働政務官の大沼瑞穂氏(40)=公明推薦=が追う展開。政治団体「NHKから国民を守る党」の新人で元会社役員の小野沢健至(たけし)氏(49)は浸透していない。【後藤逸郎】

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文476文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. 韓国、女性9人連続殺人の容疑者浮上 約30年前「史上最悪」の未解決事件

  5. 最終的に「消費税廃止」で両党合意 れいわ山本代表と共産・志位委員長の会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです