メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 日出手袋工業 「問屋の倉庫」から「客の工場」へ 現場の声聞き新商品 /和歌山

「お客さんの希望をかなえたい」と話す日出手袋工業の川端隆也社長=和歌山県有田市初島町里で、中川博史撮影

 日出(ひので)手袋工業(有田市)は作業用の手袋(軍手)や靴下のメーカー。主にホームページなどで消費者に直接販売している。2006年、わかやま産業振興財団が開催したセミナーへの参加が転機になった。

 有田地方の作業用手袋の製造は農家の副業として広まり、1937(昭和12)年の日中戦争で需要が増大した。軍隊用手袋を縮めた呼び方が軍手だ。

 65年に島精機製作所(和歌山市)が全自動の手袋編み機を開発してからは省力化が進み、大量生産の時代を…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1099文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 池袋ホテル殺人 容疑者、SNSで自殺志願者募る

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです