メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶくぶく潜水隊

オオカワリギンチャク 白浜沖で成体1個 /和歌山

オオカワリギンチャクの成体を照らす古久保正宗さん=和歌山県白浜町沖で、山本芳博撮影

 蛍光色の黄色い光を放つ希少なイソギンチャクの仲間「オオカワリギンチャク」。白浜町沖の「カスミの根」という潜水ポイントに群生地があると聞き、私(隊長)が先月18日、見に行った。残念ながら確認できた成体は1個だけだった。【隊長、山本芳博】

 オオカワリギンチャクは2004年、串本海中公園センター水族館(串本町)の名誉館長、内田紘臣博士(75)が新種と発表した。いまだに生態が分かっておらず、産卵や分裂などの繁殖を目撃した例はほとんどない。天敵や共生種も不明だ。

 「カスミの根」は白浜町沖800メートルの三段壁近くにあり、ダイビング店「ミスオーシャン」が潜水用に…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文748文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです