メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
なるほドリ

台湾総統選候補、どう決まる? 与党・民進、野党・国民 世論調査のみで選定=回答・福岡静哉

 なるほドリ 台湾のトップ、総統(そうとう)を決める選挙で2大政党の候補者がもうすぐ出そろうって聞いたけど。

 記者 野党・国民党は15日に公認候補を事実上決める予定です。与党・民進党はすでに現職の蔡英文(さいえいぶん)氏に決まっていて、総統選に向けた戦いが本格化することになります。

 Q 総統選はいつなんだっけ?

 A 来年1月です。台湾はかつて国民党による一党独裁(どくさい)体制でした。1980年代後半から民主化が進み、李登輝(りとうき)総統時代の96年に初めて直接選挙による総統選を実施。以後4年ごとに行われ、今回が7度目です。総統選と同時に、日本の国会に当たる立法院(りっぽういん)の委員(議員)選挙もあります。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです