メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
公文書を生かす

情報公開法成立20年/4 三鷹事件 再審の壁 「証拠開示の徹底を」

暴走した電車のわきで、検証作業をする人たち=東京都三鷹町(当時)で1949年7月

 眠っていた記録から新事実が掘り出されることがある。だが、記録にたどりつくためのハードルは高い。刑事事件で検察が収集し、裁判に出ないまま、長い時間が経過したものは、とりわけそうだ。

 戦後占領期の1949年、東京の国鉄三鷹駅構内で無人の電車が暴走し、6人が死亡した三鷹事件は今なお真相が不明なまま、15日で事件発生から70年を迎える。電車を発車させたとして、10人の被告のうちただ一人有罪判決を受けた竹内景助・元死刑囚は再審請求中の67年に45歳で獄死。長男が2011年に第2次再審請求を申し立て、東京高裁が再審を開くかどうかの決定を待っている。

 再審請求以来、弁護団には、長い歳月の壁に加え、検察に残された証拠を手に入れるための高い壁が立ちはだ…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1418文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです