メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
公文書を生かす

情報公開法成立20年/4 三鷹事件 再審の壁 「証拠開示の徹底を」

暴走した電車のわきで、検証作業をする人たち=東京都三鷹町(当時)で1949年7月

 眠っていた記録から新事実が掘り出されることがある。だが、記録にたどりつくためのハードルは高い。刑事事件で検察が収集し、裁判に出ないまま、長い時間が経過したものは、とりわけそうだ。

 戦後占領期の1949年、東京の国鉄三鷹駅構内で無人の電車が暴走し、6人が死亡した三鷹事件は今なお真相が不明なまま、15日で事件発生から70年を迎える。電車を発車させたとして、10人の被告のうちただ一人有罪判決を受けた竹内景助・元死刑囚は再審請求中の67年に45歳で獄死。長男が2011年に第2次再審請求を申し立て、東京高裁が再審を開くかどうかの決定を待っている。

 再審請求以来、弁護団には、長い歳月の壁に加え、検察に残された証拠を手に入れるための高い壁が立ちはだ…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1418文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです