メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブレグジット考

「非民主的」EUに不満 民族的誇り、投票行動に ケンブリッジ大教授 ロバート・トゥームズ氏

EU離脱を支持する歴史家でケンブリッジ大教授のロバート・トゥームズ氏=英イングランド東部ケンブリッジで2019年6月14日、服部正法撮影

 いまだ先行きが見えない英国の欧州連合(EU)離脱=ブレグジット。今月下旬の新首相就任後、離脱期限の10月31日までにEUとの協定による離脱がまとまるか、経済への打撃が指摘される「合意なき離脱」に向かうか、予断を許さない。離脱議論の背景にある英国民の考え方や心情を、著名な歴史家や政界の重鎮らの話から探る。1回目は、離脱を支持するケンブリッジ大のロバート・トゥームズ教授。【ケンブリッジ(英イングランド東部)で服部正法】

 <トゥームズ氏は、政治・外交を中心としたフランス近現代史の専門家で英仏関係史の権威。欧州統合に疑問…

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文2002文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです