メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
はたらくα

女性管理職への道/下 「パパの手」必要 意識変えて

約1年間の育休を取得した向井宏彰さん(左)。部下の加藤光太郎さんは「育休を取ると聞いて、シンプルにいいなと思いました。終わってみればあっという間でした」と振り返る

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 仕事と育児の両立は女性だけの問題ではない。厚生労働省が6月に発表した雇用均等基本調査(2018年度、速報版)によると、男性の育児休業取得率は政府目標(13%)の半分の6・16%。子育てにかかわる男性の少なさは、女性の管理職への道を狭めることと裏腹だ。

男性の育休を推奨

 マーケティングなどを行う「リクルートコミュニケーションズ」(東京都中央区)に勤める向井宏彰さん(34)。長男(2)が生まれた17年春から約1年間、育休を取得した。その前、長女の出産時には妻の力になれなかった。会社から帰ると娘は寝ていた。「2人目は育休を」。後悔に背中を押された。

 上司や同僚に告げたのは取得の約半年前。育休中はカレンダーを買い、年間計画を立て、離乳食を作った。「…

この記事は有料記事です。

残り2243文字(全文2583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  3. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  4. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  5. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです