メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国居住支援法人協議会

初の全国組織、設立

 高齢者や障害者ら住まいを確保しにくい人を支援する各地の団体が連携して課題解決に当たろうと、初の全国組織「全国居住支援法人協議会」が設立された。6月末に東京都千代田区で開かれた記念シンポジウムでは、賃貸住宅の入居で問題を乗り越えて生活再建につながった事例などが報告された。

 安定した住まいは、職探しや生活保護の申請をする際に欠かせない。だが、高齢者や障害者、外国人、低所得者、母子家庭などが民間住宅を借りようとすると、家賃の滞納や孤独死、近所の苦情などを家主が懸念して入居を断られることも多い。

 そうしたケースで家賃の債務保証や相談、見守り、通院介助などの入居者支援に取り組むNPO法人や社会福…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文843文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです