連載

学校とわたし

著名人が自身の学校生活を振り返ります。喜びや悩み、思い出がいっぱい。

連載一覧

学校とわたし

期待感と刺激があった=アーティスト・井上涼さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

井上涼(いのうえ・りょう)さん

 絵を描き始めたのは親の影響がすべてといっても過言ではありません。父は彫刻家で、今は引退しましたが美術の教師もしていました。小さい子は誰でも絵を描きますよね。いつしかやめてしまうものですが、私の場合、親から「絵を描かないで」と言われた記憶がありません。だからやめる必要もありませんでした。

 デザインの勉強がしたいという目標があり、金沢美術工芸大学へ進学しました。高校時代は、自分の意思がはっきりした人がまだ少なく、「あまり仲間がいないな」という思いもありました。でも、大学ではやりたいことや就きたい仕事が明確な人が多く、絵を描くのが好きな人もたくさんいてうれしかった。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1000文字)

あわせて読みたい

注目の特集