メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

頑張った兄 三重県菰野町・川北圭子(無職・85歳)

 新幹線の車窓から見る、新緑の景色を目で追いかけながら東京へと向かった。久しぶりの上京に小躍りする私たち。5月、弟夫婦と妹と私の4人で関東に暮らす兄たちに会いに行った。到着のアナウンスにざわめく通路をゆっくりと通り下車した。

 この日、東京都内の大学で兄の講演を聴くのが目的だった。この大学は2人の弟の母校でもあって感慨も深い。演壇へ進む兄は87歳。一回り小さくなった感じがした。よどみなく兄の話が進む。静まり返った会場内は若い学生が耳を傾けていた。

 過去を思い返せば、兄は常に勉強を怠らなかった。家庭の貧しさから、兄は苦渋の選択で進学をせずに自衛隊…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです