メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

「どうなる21年度入試」シンポ 英語4技能の評価必要

シンポジウムには高校の教員ら多くの関係者が詰めかけた

 <kyoiku no mado>

 大学入試の新制度について議論する「第13回高大接続教育改革シンポジウム」(駿台予備学校、大学通信、毎日新聞社共催)が5日、東京都内で開かれた。「どうなる2021年度入試」と題し、大学入学共通テストを中心に意見が交わされ、高校教員らが耳を傾けた。【成田有佳、写真・根岸基弘】

 シンポジウムの第1部では、文部科学省大学入試室の錦泰司室長が、国が進める入試改革について講演した。

この記事は有料記事です。

残り2014文字(全文2218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです