メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

「どうなる21年度入試」シンポ 英語4技能の評価必要

シンポジウムには高校の教員ら多くの関係者が詰めかけた

 <kyoiku no mado>

 大学入試の新制度について議論する「第13回高大接続教育改革シンポジウム」(駿台予備学校、大学通信、毎日新聞社共催)が5日、東京都内で開かれた。「どうなる2021年度入試」と題し、大学入学共通テストを中心に意見が交わされ、高校教員らが耳を傾けた。【成田有佳、写真・根岸基弘】

 シンポジウムの第1部では、文部科学省大学入試室の錦泰司室長が、国が進める入試改革について講演した。

この記事は有料記事です。

残り2014文字(全文2218文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです