メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 川崎3-0FC東京 やっぱり中村 久々先発、攻守に流れ

【FC東京-川崎】前半、先制ゴールを決めて喜ぶ川崎の小林(右)と中村=東京・味の素スタジアムで2019年7月14日、藤井達也撮影

 (第19節・14日)

 川崎の顔、38歳の中村がピッチに戻ると、攻守の流れががぜん良くなる。故障に苦しむ中村のリーグ戦先発出場は、約2カ月ぶり。その戦術眼とテクニックが発揮されたのが、後半9分の2点目だ。

 小林からのパスを受けると、左に行くと見せかけてマークを外し、再び右の小林へ。中村の動きにつられたFC東京は小林をフリーにしてしまう。小林が正確なクロスを逆サイドから詰めた斎藤に送ると、難なく追加点が生まれた。

 小林のJリーグ通算100得点となった前半の先制点は、左CKからのヘディングシュートだったが、そこにも中村は絡んでいた。自陣で素早いパスを阿部に送ってFC東京のプレスをかいくぐり、CK獲得の起点となった。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです