メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン・ジュニア選手権 16歳望月、制覇 男子シングルス4大大会初

ウィンブルドン・ジュニアで準決勝で対戦相手の米国のダム(中央)らと笑顔を見せる望月(左から2人目)、中村豊トレーナー(左端)=英ウィンブルドンで2019年7月11日、中村さん提供

 テニスのウィンブルドン・ジュニア選手権は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第8シードの望月慎太郎(16)=Team YUKA=がカルロス・ヒメノバレロ(18)=スペイン=を6-3、6-2で降し、4大大会ジュニアの同種目で日本人初優勝を果たした。

 4大大会ジュニアのシングルスでの日本人の優勝は、1969年の全仏オープンとウィンブルドン選手権の女子シングルスを制した沢松和子以来2人目の快挙。それでも、望月は「快挙と言われても実感はない。大会で優勝できたのが成長」。日焼けした顔に笑みを浮かべ、両手を広げて喜びを表した。

 川崎市出身で、3歳から父親の影響でテニスを始めた。中学1年で錦織圭(日清食品)らを輩出してきた米フ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文920文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです