メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン・ジュニア選手権 16歳望月、制覇 男子シングルス4大大会初

ウィンブルドン・ジュニアで準決勝で対戦相手の米国のダム(中央)らと笑顔を見せる望月(左から2人目)、中村豊トレーナー(左端)=英ウィンブルドンで2019年7月11日、中村さん提供

 テニスのウィンブルドン・ジュニア選手権は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第8シードの望月慎太郎(16)=Team YUKA=がカルロス・ヒメノバレロ(18)=スペイン=を6-3、6-2で降し、4大大会ジュニアの同種目で日本人初優勝を果たした。

 4大大会ジュニアのシングルスでの日本人の優勝は、1969年の全仏オープンとウィンブルドン選手権の女子シングルスを制した沢松和子以来2人目の快挙。それでも、望月は「快挙と言われても実感はない。大会で優勝できたのが成長」。日焼けした顔に笑みを浮かべ、両手を広げて喜びを表した。

 川崎市出身で、3歳から父親の影響でテニスを始めた。中学1年で錦織圭(日清食品)らを輩出してきた米フ…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです