メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「強くしなやか竹のよう」トレーナー語る 4大大会ジュニア優勝の望月

今年6月の全仏オープンジュニアで初戦突破後に笑顔を見せる望月慎太郎(右)と中村豊トレーナー=中村さん提供

 望月慎太郎(16)が練習する米フロリダ州のIMGアカデミーでトレーナーを務める中村豊さん(47)は、4大大会ジュニアの頂点に立つ快挙に「1年早く目標を達成した」と喜んだ。望月の特徴について「強さとしなやかさを兼ね備えた竹のような選手だ」と話す。

 トップ選手の中では男子シングルス世界1位で守備力の高いジョコビッチに似たタイプで「走らされても体がぶれない。球勘も鋭い」と語る。

 今大会でも錦織圭の練習相手を務めたが、普段からアカデミーでトップ選手と間近に接しているので大舞台でも堂々としている。中村さんは「気持ちが据わっていてのまれない。英語で海外の選手と自然に接することができる。異なる環境への対応力が高い」と話し、「プロ向き」の性格にも期待した。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです