メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

謙虚な16歳 「この先調子に乗らない」 4大大会ジュニア優勝の望月

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで日本勢初優勝を果たし、カップを手に喜ぶ望月慎太郎=2019年7月14日、AP

 頂点に立った瞬間、望月は両拳を何度も握り締め、喜びを体いっぱいで表現した。

 2歳上のヒメノバレロを相手に望月は果敢に攻め抜いた。ブレーク合戦となった第1セットは、3―3から3ゲーム連続で奪い、このセットをものにした。第2セットは先にブレークすると、そのまま突き放して勝負を決めた。「1セット目はキープできなかった」と反省しつつ、「我慢しながら(ポイントを)取り切れ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです