メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

謙虚な16歳 「この先調子に乗らない」 4大大会ジュニア優勝の望月

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで日本勢初優勝を果たし、カップを手に喜ぶ望月慎太郎=2019年7月14日、AP

 頂点に立った瞬間、望月は両拳を何度も握り締め、喜びを体いっぱいで表現した。

 2歳上のヒメノバレロを相手に望月は果敢に攻め抜いた。ブレーク合戦となった第1セットは、3―3から3ゲーム連続で奪い、このセットをものにした。第2セットは先にブレークすると、そのまま突き放して勝負を決めた。「1セット目はキープできなかった」と反省しつつ、「我慢しながら(ポイントを)取り切れ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです