メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大舞台に平然 体力強化に細心配慮 ウィンブルドンジュニア優勝・望月

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで日本勢初優勝を果たし、カップを手に喜ぶ望月慎太郎=2019年7月14日、AP

 日本のホープが4大大会ジュニアの男子シングルスで日本人初優勝を飾った。14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われたテニスのウィンブルドン・ジュニア選手権で、第8シードの望月慎太郎(16)=Team YUKA=がカルロス・ヒメノバレロ(18)=スペイン=に6―3、6―2で勝利。4大大会ジュニアのシングルスでの日本人の優勝は1969年の全仏オープンとウィンブルドン選手権を制した女子の沢松和子以来2人目の快挙だ。

 望月は頂点に立った瞬間、何度も拳を握った。優勝記者会見では「こういう大会を通してトップと戦えたり、…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです