メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自分を絶対に信じ続けたジョコビッチの4時間57分 ウィンブルドン

男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーを破り、優勝したノバク・ジョコビッチ=ウィンブルドンで2019年7月14日、AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第1シードで32歳のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードで37歳のロジャー・フェデラー(スイス)を7―6、1―6、7―6、4―6、13―12のフルセットの末に破り、2年連続5回目の優勝を果たした。最終セットはタイブレークにもつれ込み、約5時間の激闘となった。

 ジョコビッチの4大大会制覇は今年の全豪オープン以来で、歴代3位の優勝回数も16に伸ばした。優勝賞金…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信号待ちの車列に車突っ込む 7歳女児死亡、9人重軽傷 大阪

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  5. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです