メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自分を絶対に信じ続けたジョコビッチの4時間57分 ウィンブルドン

男子シングルス決勝でロジャー・フェデラーを破り、優勝したノバク・ジョコビッチ=ウィンブルドンで2019年7月14日、AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝が行われ、第1シードで32歳のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードで37歳のロジャー・フェデラー(スイス)を7―6、1―6、7―6、4―6、13―12のフルセットの末に破り、2年連続5回目の優勝を果たした。最終セットはタイブレークにもつれ込み、約5時間の激闘となった。

 ジョコビッチの4大大会制覇は今年の全豪オープン以来で、歴代3位の優勝回数も16に伸ばした。優勝賞金…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文838文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. ORICON NEWS HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです