メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芝克服 ラケット重量化で雪辱誓う ウィンブルドン車いす準優勝・国枝

国枝慎吾=久保玲撮影

 テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は最終日の14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は第2シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に6―4、3―6、2―6で逆転負けした。

 初優勝、そして悲願の同種目史上初の4大大会全制覇を逃した。35歳の国枝は「目標を達成したい思いは強かった。勝ってすっきりしたかった」と悔しさをにじませた。

 第1セットは左右にコントロールされたショットで相手を振り回すなどして奪った。だが、第2セット以降、…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです