メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白鵬に土 逸ノ城が寄り切る 鶴竜9連勝単独トップ 大相撲名古屋場所

逸ノ城(左)に寄り切りで敗れた白鵬=ドルフィンズアリーナで2019年7月15日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所は15日、ドルフィンズアリーナで9日目が行われ、横綱・白鵬は逸ノ城に寄り切られて土がついた。逸ノ城は今年初場所以来の通算8個目の金星。明生を危なげなく寄り切った横綱・鶴竜が無傷の9連勝で単独トップに立った。大関で唯一の出場の高安は正代に突き落とされて2敗に後退。他に2敗はいずれも平幕の妙義龍、友風、照強の3人。関脇・御嶽…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです